スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウォッチメン

2009年03月31日
「WATCHMEN」
土曜に公開ということで日曜に見てきました。

コミックを先に読んだので、どんなかなーと思って見ましたがとても良かったです。
映画を先に見る方にはちょっと謎が多いと思われますが、そのあとコミック読めば大丈夫です。

ストーリーに触れるとネタバレになるので、そのほかのことで気づいた点を・・・。
二代目シルクスペクター(ローリー)の衣装が原作より激しい(?)というかぴったりのラバー!
確かに原作もラバー素材らしいですが、レオタードの上に黄色のラバーのワンピースを着てたのが、ぴったりフィットになっていてまあびっくり。
silkspecter2.jpg
うーん、字がヘタなのがバレバレですね。
いや、かっこよかったのでぜんぜんいいんですが。

あとはナイトオウルの防寒着が原作のまるっきりフクロウじゃなかったのが残念かな?

ともあれ楽しめてよかったです。

そーいえば今週末はトレフェスです。
卓番号も出まして「Cク05」です。

新作はありませんが、どうぞよろしくお願いします。
スポンサーサイト

黒セイバー~塗装への道5~

2009年03月18日
偉そうなタイトルをつけてやってきましたがいきなり最終回です。
すいません写真撮るの忘れてこのザマです。
Image350_20090318223345.jpgImage349_20090318223355.jpg
Image346_20090318223415.jpgImage348_20090318223406.jpg
今回は大きいフリルのリボンとライオン君はサフを吹いて仕上げました。
やっぱりサフを吹いたほうがなんかぬいぐるみっぽくなりました。

あとは肌の色と髪の色も前回差が微妙だったので色の差を意識して調職しました。

でもちょっと服の黒が黒過ぎたなと思います・・・。
そんくらいでしょうか・・・。

さて、そろそろ新作作らねばと思ってますが~・・・。
ホビコン出るかまだ迷っています・・・・。

黒セイバー~塗装への道4~

2009年03月16日
今から謝っておきます、すいませんこっから先は写真があまりありません。
気づいたら塗装終わってました・・・。

えーまず、すべてのパーツを必死にチェックします。
気泡、段差をよーく観察してキレーに整ってるか見ていきます。
こーやって見ても塗装すると気泡や段差がバンバン出てきますので、プライマーを吹く前に肌色っぽい色で
全体を軽く塗装して見つかったところを綺麗に直します。

やりきった!と思ったら肌色をラッカーで落としプライマーを吹きます。
Image343_20090316000120.jpg
これがクレオスのメタルプライマーです。
けっこーちゃんと吹きます。タレたらダメですが、テカテカになるくらい吹きます。
ゴミが付いたらすぐピンセットとかで取って吹きなおせばリカバリされるし。

で、吹き終わったら肌色から塗装します。
前回はどちらかというと黄色~オレンジぽい肌色でしたが、今回は原作の
白ピンクっぽい色に似せることにしました。とはいっても若干ですが。

クレオスのキャラクターフレッシュ2(だったかな?)を基調にクリアーを同じくらいとレッドと
イエローを使ってイメージの色に近づけます。
Image342.jpg
吹き終わったパーツたちです。
ストッキングをはく足にもちゃんと塗装します。
セイバーは1/8のつもりで作ってましたがどーも正確には1/9くらいぽいです。
小さい・・・ので極端に色を付けないとかっこよくなりませんので意識しながら塗装します。
Image344_20090316000149.jpg
目はマスキングしときます。
白目の部分はレジンの整形色を生かすためです。
そして顔を塗装するとどうしても髪の毛にも色がかかります。
髪色の濃いキャラならともかく金髪のセイバーにはモロに影響が出るので、
頭髪の編んである部分や前髪にも影部分に同じ肌色を吹いておきます。

前回はこれをやり忘れて前髪と頭髪の色が変わってしまい、
前髪をプライマーから吹きなおしたという痛い経験が・・・。

絶対運命黙示録・・・

2009年03月11日
ついにこの日が来ました。でも覚悟は完了してましたので何とか耐えられます。

トレジャーフェスタ当日、moeyo.comさんの取材を受けましてサイトで特集していただきました。

もちろん超嬉しいです。
ただ・・・被写体がフィギュアだけじゃないんですね!ギャーーーー!!


・・・っは!覚悟は完了していたはずなのに・・・!

やっぱりレイヤーさんはすごいなと思いました。
私がハマーンの写真たちを直視できるのはおそらく2年後でしょう。


モエヨドットコムさん本当にありがとうございました!
ワンフェスでまた会いましょう!

RD潜脳調査室

2009年03月08日
RD潜脳調査室
久々にアニメを一気見しました・・・。
パソコンで絵を描いたりしながら見たのであっという間でしたが全26話・・・。よく見たな・・・。

原作が士郎正宗先生なんですけど、このアニメ攻殻機動隊を知ってて見るのと見ないのではかなり印象がかわるんじゃないかなと思われます。
あまり言うとネタバレますのでこのへんで。

私は声優さんに思い入れを持って見るので森功至先生のしぶい声と矢尾一樹先生の声が聞けるってだけでかなりヒイキ目になってます。
RD1.jpg
あと女の子がみんなムチムチです。
ムチムチ。

黒セイバー~塗装への道3~

2009年03月07日
今回はシアノンによる気泡埋めやパーツ修正についてでーす!
サフレスのためにはポリパテやラッカーパテは使えないので、硬化後に
レジンの色に近くなるシアノンを私は使っています。

調合方法について。
使うのはシアノン(高圧ガス工業 瞬間強力接着剤シアノンDW)
クレオスMr.カラー(キットがアイボリーの場合のみ。色は使うキットの色に合わせて。)
Image343.jpg
アルテコ粉(SSP-HG 瞬間接着パテ)使うのはパウダーだけ。
Image347.jpg

セイバーはアイボリーのレジンを使ってますのでシアノンに
ごく少量のMr.カラーを混ぜます。使うのはタンです。
写真ではかなりわかりずらいんですが、楊枝の先にちょーっと付いてます。
これでもかなり色が付きます。
Image345.jpg
まぜまぜ・・・
Image346.jpg
ここにアルテコパウダーをちょっと足します。粘度は使いたい場所によって
粉の料で調節します。
そして胸にあった気泡をピンバイスでちょっとえぐって盛り付けます。
Image348.jpg
混ぜるパウダーが少ないと、硬化した際にヒケが発生するのでちょっと多めに盛ります。

そしてかみ合いの悪さで出来たスキマも埋めます。
Image330~00
左足の付け根にスキマが出来ているのでこれをパテのように使って埋めます。
粉を多めに使って(シアノンより1.5倍くらい多く)シアノンパテを作っておいて
Image344.jpg
パンツのほうにマスキングテープを貼り、パテとの接地面にはワセリン(メンターム)を塗っておきます。強烈にくっつくのでこれくらいしてもはがれにくいです。
硬化したらはみ出た部分をやすって出来上がり!
Image350.jpg
写真が悪くてほんとすいません。
でもこれでキットとパテの境目や色の違いはほとんど無く出来ます。
Image349.jpg
これはスカートのフリルの継ぎ目を修正したものです。
上のほうは見えないんでテキトーです・・・。

硬化は気温が高ければ早いです。
室温で10分くらい?ただし作業可能時間は2、3分だと思います。

ちょっとのホコリやゴミが入ったらダメです。塗装したときに隠れないので
キレーに出来るまでやり直し続けます。

この方法はフィギュア雑誌なんかのガレキ制作講座なんかにも紹介されてるので過去の記事を参考にしてやっています。
ただ注意が必要なのは、シアノンと混ぜられるラッカー塗料は
Mr.カラーだけなんです。なぜか。
ガイアカラーもフィニッシャーズもダメでした。ナゼでしょう????
誰か知っていたら教えてください。

黒セイバー~塗装への道2~

2009年03月05日
今回は気泡埋めについてです。
使うのはタミヤの光硬化パテです。チューブのやつ。

サフレスには助かる、硬化後に半透明な黄色になるスグレモノです。
でも肌や明るい色に塗装したい部分にはそれでも目立つので使えません。
黒や濃い色で塗装する部分に使います。
このキットで言うところの黒い服の部分、ストッキング部分、ブーツは大丈夫です。
髪も影にあたる部分なら大丈夫ですがトップは塗装しても
色の違いがわかるのでダメです。

で、気泡は写真にとってもわかりにくいので見てもわかんないと思うのですが、
光を斜めから当てると影になってわかりやすいかなと思い
ライオン君写真撮ったんですが・・・。
Image338.jpg
お顔のあたりとか・・・わかりにくいか・・・。
ライオン君はサフを吹くのでラッカーパテを使って段差を処理したあとです。
で、気泡をピンバイスやナイフでえぐってからそこに光硬化パテを
楊枝などで埋めていきます。
光硬化パテはレジンとの食いつきはイマイチなので、はじっこの欠損を補うのには
向いていません。
なので必ず埋めたい部分はある程度凹面にしとく必要があります。
ですが、こーやって穴を埋めるには早いし良いです。
蛍光灯の光でもすぐ固まってくれるので。

ただ、硬化後にベタつく上澄みが発生するので綿棒でふきます。
そして綺麗にやすればできあがり!
Image339.jpg
これは処理したあとの足です。ポツポツ見える黄色い点がそうです。

光に当てると硬化してしまうので管理が面倒かと思いましたが、二年ほど前に購入して
けっこーずさんに管理してますが大丈夫なもんです。
チューブが黒い袋にあらかじめ入ってますのでそれを引き出しに入れて
しまってます。使う料だけちょと出しながらすぐしまえば問題ないようです。

気泡はいろんな角度から光を当てて表面を観察して見逃さないように処理します。
でないと塗装した後にピンホールが!!!!
なんてことになったら一からやりなおしです・・。

ちょっと長くなったのでシアノンな次回にします。

黒セイバー~塗装への道~

2009年03月04日
がんばって写真をとったんですが、なんか画質がマチマチというかわかりにくいのですけどなんとかやっていきたいと思います。

さて、まずはパーツを洗浄します。離型剤をあまり吹いていないのでしつこくやる必要もないんですが、でもやります。
小さいパーツは無くすのが怖いのでラッカーでよく拭くくらいにしときます・・・。

サフレス塗装を前提に下地処理を始めますが、今回ライオンのぬいぐるみだけはサフを拭くことにしました。理由は質感がサフレスに合ってないと思ったからです。あと気泡が
いっぱいあるものを選んだのでラッカーパテを使いたかったからです!

えーまず大まかにバリをナイフで削いでヤスリで削ります。
そしてサフレス塗装のためヤスリでの足付けは欠かせませんので、320~400番くらいの紙やすりと240~320番くらいの布ヤスリを使ってまんべんなくやすります。
特にマスキングの必要な胸元の肌と服の段差や腰周りは溝を忘れずやすります。
一番塗料がはがれやすいので。

Image331.jpg
写真は前髪です。整形の一例として写真を撮りました。
バリのついた状態から削って形をととのえます。
右側はシリコンの破損によって大きくバリが発生してます。これはナイフで
削ってからヤスリます。
Image333.jpg
髪の毛の先を整えるために裏側からもヤスリを当てたいんですが
ナカナカ届きにくいので、そんなときはリューターのビットを使ってゴシゴシ削ります。
楽チンです。
Image334.jpg
綺麗にとんがりました!バリで埋まっていた部分も整いました!
Image335.jpg
次にはねてる毛を再現します。これは複製の都合上わざとスキマを埋めた状態で
複製してあります。
Image336.jpgピョコーン!
ナイフで頭部との間にスキマを作ります。綺麗にやすってはい出来上がり!

わかりにくい部分も多いと思いますが出来る限りやってきますのでどうぞよろしく
お願いします。
何かご質問あればお気軽にどーぞ!
次回はシアノンと光硬化パテによる気泡埋めを紹介します。

トレジャーフェスタ無事参加しました!

2009年03月02日
遅くなりましたが、はい無事に参加することができました!!
当日はオムニ社にてお買い上げ、またご観覧くださった方々には本当に感謝申し上げます!
TFmpb1.jpg
TFmpA.jpgTFmpG.jpgTFmpKU.jpg
TFmpRYO.jpg
ハマーンもなんとかやりきれた・・・と思いたいんですが、怖くて当日の写真をマトモに見ることが出来ないのできっと上手くいったと思い込んでいます。そーいうことにしてください。

ただ、コスプレを自分がするとなんかお祭りに参加したってかんじがしました。
コスプレで参加した人は少なかったですが、私みたいなのにはあの落ち着いた感じがなんか安心感があっていいかなとも思えました。
人が多いとどうしても殺伐とするよーなかんじがしますし更衣室も狭いし・・・。
ということでやりきりました。もうハマーンに未練はありません。十分楽しめました・・・。
もうコスプレには限界の歳ですしね・・・・ほんと童顔ていいなあと思いました。

さて、夏のワンフェスが開催決定しましたね!
場所は幕張ということですが、オムニ社のメンバーによってはビックサイトより近い人もいるので立地がどーのということは無いんですが、どうも若干狭いようなので落選の可能性もなきにしもあらずなわけです。
次回は4月5日のトレフェスです。
新作は今のところ予定ないので再販のみとなります。
5月のホビコンは・・・もう締め切り明後日ですけど迷っています。うーん。
版権の新作は間に合わないので出すとしたらオリジナルの新作なんですが~・・・うーん。

黒セイバーの完成品はタイプムーンさんに提出したので今後はブログで塗装までの過程を制作記ぽく紹介してこうと思います。写真撮り忘れなければ・・・。
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。