アカーシャ塗装記録ですよー

2008年05月22日
写真を撮り忘れないようにしたいんですが、忘れたらすいません。
Image098.jpg
まず離型剤をクレンザと中性洗剤でゴシゴシ落とします。パーツによっては吹く前に型をとったものもあるのですが、いちおう全部やります。でも小さいパーツは無くすと怖いのであとでまとめてやります。
最初は大きいのだけです。
akasya1-4.jpg
ざっとバリや目立つ気泡、段差を修正して仮組みです。
小さいパーツで干渉するようなものがないのでここまでやっちます!ジャケットと腕、
首と胴体と頭髪がけっこー面倒ですががんばります。一回目に組み立てたときよりかみ合いが良いのですんなりデキマシタ。でも首と胴体、頭髪がけっこー大変でしたので首を削ってあらたにパテでもって
角度を調節しました。キャストオフにするにはジャケット着用時とのそうでないときどっちにもきれいに合うように入念に仮組みです。左腕がジャケットにおもいっきり干渉してるので、ジャケット未着用時に付け根にスキマができちゃうのでパテで修正・・・。
akasya2
左腕の型が失敗してたのでえらい段差ができてしまてます。
すいません!ボコってるほうをガンガン削って形を整えます。
そして気泡は0.8~1.0くらいのピンバイスでえぐって、肌以外の部分は光硬化パテで埋めて修正します。
蛍光灯にかざせば2、3秒で硬化してくれるので助かっていますが、食いつきは使う部分によってはイマイチなので、肌部分に使っているアルテコSSP-HG粉とシアノンでもって練ったパテで埋めます。
流動性はまぜる割合で変えられるので、段差を修正するところにはゆるめにしたり、髪の毛の欠けてるとこは何回かにわけて盛り付けましたー。そして削るときれいに白いのでサフレスにはもう欠かせませんよねー。

いやー写真がいっぱい投稿できるっていいですねー。最初だから余計にはしゃいでますが、がんばっていきますのでよろしくお願いします。
あ、ちなみに私のやり方が模範的かというとかなり独学と偏見でもってやってるので、あんまり信用はしないほうが良いです。もっと良い方法あるのになーと思った方いましたらご指導ください・・・。
でもやっぱり基本は根気なんですかね・・・。
Comment

管理者のみに表示