スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黒セイバー~塗装への道2~

2009年03月05日
今回は気泡埋めについてです。
使うのはタミヤの光硬化パテです。チューブのやつ。

サフレスには助かる、硬化後に半透明な黄色になるスグレモノです。
でも肌や明るい色に塗装したい部分にはそれでも目立つので使えません。
黒や濃い色で塗装する部分に使います。
このキットで言うところの黒い服の部分、ストッキング部分、ブーツは大丈夫です。
髪も影にあたる部分なら大丈夫ですがトップは塗装しても
色の違いがわかるのでダメです。

で、気泡は写真にとってもわかりにくいので見てもわかんないと思うのですが、
光を斜めから当てると影になってわかりやすいかなと思い
ライオン君写真撮ったんですが・・・。
Image338.jpg
お顔のあたりとか・・・わかりにくいか・・・。
ライオン君はサフを吹くのでラッカーパテを使って段差を処理したあとです。
で、気泡をピンバイスやナイフでえぐってからそこに光硬化パテを
楊枝などで埋めていきます。
光硬化パテはレジンとの食いつきはイマイチなので、はじっこの欠損を補うのには
向いていません。
なので必ず埋めたい部分はある程度凹面にしとく必要があります。
ですが、こーやって穴を埋めるには早いし良いです。
蛍光灯の光でもすぐ固まってくれるので。

ただ、硬化後にベタつく上澄みが発生するので綿棒でふきます。
そして綺麗にやすればできあがり!
Image339.jpg
これは処理したあとの足です。ポツポツ見える黄色い点がそうです。

光に当てると硬化してしまうので管理が面倒かと思いましたが、二年ほど前に購入して
けっこーずさんに管理してますが大丈夫なもんです。
チューブが黒い袋にあらかじめ入ってますのでそれを引き出しに入れて
しまってます。使う料だけちょと出しながらすぐしまえば問題ないようです。

気泡はいろんな角度から光を当てて表面を観察して見逃さないように処理します。
でないと塗装した後にピンホールが!!!!
なんてことになったら一からやりなおしです・・。

ちょっと長くなったのでシアノンな次回にします。
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。