黒セイバー~塗装への道3~

2009年03月07日
今回はシアノンによる気泡埋めやパーツ修正についてでーす!
サフレスのためにはポリパテやラッカーパテは使えないので、硬化後に
レジンの色に近くなるシアノンを私は使っています。

調合方法について。
使うのはシアノン(高圧ガス工業 瞬間強力接着剤シアノンDW)
クレオスMr.カラー(キットがアイボリーの場合のみ。色は使うキットの色に合わせて。)
Image343.jpg
アルテコ粉(SSP-HG 瞬間接着パテ)使うのはパウダーだけ。
Image347.jpg

セイバーはアイボリーのレジンを使ってますのでシアノンに
ごく少量のMr.カラーを混ぜます。使うのはタンです。
写真ではかなりわかりずらいんですが、楊枝の先にちょーっと付いてます。
これでもかなり色が付きます。
Image345.jpg
まぜまぜ・・・
Image346.jpg
ここにアルテコパウダーをちょっと足します。粘度は使いたい場所によって
粉の料で調節します。
そして胸にあった気泡をピンバイスでちょっとえぐって盛り付けます。
Image348.jpg
混ぜるパウダーが少ないと、硬化した際にヒケが発生するのでちょっと多めに盛ります。

そしてかみ合いの悪さで出来たスキマも埋めます。
Image330~00
左足の付け根にスキマが出来ているのでこれをパテのように使って埋めます。
粉を多めに使って(シアノンより1.5倍くらい多く)シアノンパテを作っておいて
Image344.jpg
パンツのほうにマスキングテープを貼り、パテとの接地面にはワセリン(メンターム)を塗っておきます。強烈にくっつくのでこれくらいしてもはがれにくいです。
硬化したらはみ出た部分をやすって出来上がり!
Image350.jpg
写真が悪くてほんとすいません。
でもこれでキットとパテの境目や色の違いはほとんど無く出来ます。
Image349.jpg
これはスカートのフリルの継ぎ目を修正したものです。
上のほうは見えないんでテキトーです・・・。

硬化は気温が高ければ早いです。
室温で10分くらい?ただし作業可能時間は2、3分だと思います。

ちょっとのホコリやゴミが入ったらダメです。塗装したときに隠れないので
キレーに出来るまでやり直し続けます。

この方法はフィギュア雑誌なんかのガレキ制作講座なんかにも紹介されてるので過去の記事を参考にしてやっています。
ただ注意が必要なのは、シアノンと混ぜられるラッカー塗料は
Mr.カラーだけなんです。なぜか。
ガイアカラーもフィニッシャーズもダメでした。ナゼでしょう????
誰か知っていたら教えてください。
Comment
へー!!!!
カトちゃんさんありがとうございます!
レビューまたして頂いてしかも通販の紹介まで本当にありがとうございます!

なんと塗料による差にはそんな理由があったんですか!
接着剤はマイナスイオンに反応して硬化するというのも初めて知りました!てっきり水分だと思っていました・・・。
勉強になりました!ありがとうございます!

は、ハマーンは・・・写真で見る程度がきっと良いんです!
多分知ってる!
こんにちは~、風邪引きカトちゃんです。

>ガイアカラーもフィニッシャーズもダメでした。ナゼでしょう

あ、これ多分、顔料の拡散を良くするために混合されてる界面活性剤のせいだと思います。
瞬間接着剤は空気中の水分と反応する、って皆さん誤解してるんですけど、
実はOHとかのマイナスイオンに反応して硬化するんです。
で、塗料は顔料の拡散を良くする目的で界面活性剤を少量含有してるらしいんですが、
界面活性剤には+イオンのカチオン、-イオンのアニオン、±のイオンを持たないノニオンの3種類があって、
-イオンのアニオンを含む物イコール瞬間接着剤の硬化促進剤になっちゃうんです。
多分ガイアとフィニッシャーズは-イオンのアニオンを使ってるんでしょうね。。。
って事で実は家庭用洗剤でもアニオンを含んでる緑色のマジックリンとか、
あとオキシフルでも瞬間接着剤の硬化促進剤になるんですよ~(w
まあ、固まり具合がポロポロになったり、時間が経ったら剥がれちゃったりするんで
使い難くはあるんですが、
知ってると何か役に立つ事もありますんで...

あと、ハマーン様見てきましたよ!
会場で見損なったのが残念だ~!
ではでは(^^)ノ

管理者のみに表示